過払い金請求返金の事例! ~アイフル~







アイフルの過払い金回収事例の紹介です。



この方は、ご相談にいらした段階で、65万円の借金をアイフルに負っていました。



ところが、過払い金の計算をしてみると、すでに借金を払い終わっていて、
61万円の過払いが出ているという、そういうケースでした。



取引の期間は、だいたい9年位ということになりますので、
これぐらいの取引をしている方は、
このような結果になる可能性もあるということで、考えてもらえればと思います。



具体的な回収の流れについて説明します。



依頼を受けて受任通知を業者に送ってから、
このケースだと、過払い金請求まで1ヶ月半程度かかっています。



取引の履歴の開示がちょっと遅かったために、時間かかってるなという印象です。



その後、2週間程度で訴訟を起こしています。



業者がアイフルの場合には、裁判の前に全額を返してくるというのは、
今の段階ではなかなか多くないために、裁判に踏み切ったというケースです。



裁判をして、色々と争いがあって準備書面などを出した結果、
3ヶ月で和解がまとまっています。



過払い金元金については、全額の回収ですが、
利息部分をカットするという内容になっています。



これに関しては、依頼者の方が、
なるべく早めに解決をしたいという希望を出したために、
利息部分を一部カットしての、和解を成立させています。



和解をした後は、1ヶ月程度で回収ができるという、そういうケースになります。



アイフルの場合、利息を含めて全額回収することも、
現時点で可能ではありますが、一審の判決、地方裁判所や簡易裁判所での判決が出ても、
不服申立をし、て控訴をしてくるということで、非常に長引く傾向があります。



それぐらいの期間を受け入れるのか、
どうするかという選択になるというのが、実情です。



この方の場合、早期回収ということで、過払い金元金を全額回収、
プラスアルファで解決をしたという、そういうケースになります。



1つの参考になればと思います。



なお、こちらのページは、下記のyoutube動画を元に作成しております。
→ https://www.youtube.com/watch?v=1TKY5S8pSU0






コメントを残す